家族を撮影 老いた父の写真撮影

家族撮影36カメラ

 

見たことない、その帽子は一体どうしたと?

部屋の中でも被りっぱなしなんは、散髪したてで頭がスースーするんやろ

昔は汗っかきやったんに、蒸し暑い今も汗一つかかんで、長袖でね、寒がりになったね

吊るしのスーツとか、絶対着らんオシャレさんやったんに

1回でも着たシャツは必ずクリーニングに出してから

ママは大変やったと思うばい

そのママが先に逝ってしまってからは、自分のこと全然構わんごとなって

いろんなこと、忘れて、忘れて

私は覚えとうよ

覚えとうき、悲しい、悔しい

ママが亡くなったことも忘れて

娘の顔も忘れて

 

でもね、まさか左目が全然見えてなかったこととか、忘れんで言うてよ

家の中で何度も躓いて転んだのも

よぼよぼして歩きようのも

よく見えてなかったんやが、もっと早くわかっとったら

そう思ってしまうんよ

 

昔の厳しい父ちゃんが、ずいぶんと穏やかな顔に変わったよ

いろんな嫌なことや辛いことを忘れていくのは、いいことなんかもね

目の前にある楽しいことだけでも、ちゃんと見えるようにしとこ?

嫌やろうけど、手術がんばろう

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

最近、友達の親御さんの訃報が重なり、同世代である自分にとっては他人事ではなく、いずれ私の父もその時を迎えると思ったら、今のうちに写真を撮っとかんといけんと思いました。

自分の親の写真とか、改めて撮るのは気恥ずかしく、私がカメラマンになったことも理解してくれていないはずなので、撮影はなかなか難しいものがありますが、これからできる限り、不機嫌にならない程度にシャッターを切っていこうと思っています。

 

Copyright© 出張撮影カメラマン 36カメラ All Right Reserve.