黒崎祇園山笠2018

黒崎祇園-イベント撮影-36カメラ

友達に誘われて、黒崎祇園山笠を見てきました。

黒崎の祇園は4日間。

私が行ったのは最終日の7月23日月曜日。

平日にも関わらず、黒崎の町中はたくさんの人でにぎわっていました。

黒崎祇園山笠は「けんか山笠」と呼ばれ、山笠の車輪を軸にして何度も曳きまわし回転させる様子は、非常に迫力があります。

 

黒崎祇園-出張撮影-36カメラ

 

黒崎祇園-36カメラ-出張撮影

 

けんか山笠-祭り撮影-36カメラ

 

黒崎祇園-36カメラ

 

実は私、無謀にも浴衣を着ておりました。

浴衣を着て撮影というのは初めて。

浴衣は動きが制限されるんですね。。。

膝ついたり、足を前後に広げて構えたりできん!

身八つ口から、お目汚しな部分が覗いてしまうんで両手も上げられんやん!

背が低いき、本来なら折り畳み式踏み台を使いたいところやけど、浴衣では台に登れんし、つま先立ちでめいっぱい背伸びするしかない

少しでも身軽に動けるごと、替えのレンズ持たんで、軽いレンズ1本だけカメラに装着すると決めたが

暗い中の撮影やき、明るいで軽いレンズちなったら、今のとこ85mm単焦点レンズ一択…

これでどんだけ撮れるんか?

…チャレンジャー吉松

 

黒崎祇園山笠-36カメラ

 

山笠-祭り撮影-36カメラ

 

祭り撮影-36カメラ

 

北九州祇園祭り撮影-36カメラ

 

大体、浴衣着て撮影するっちゅーが間違っとう

師匠から怒られそう

内股でチョコチョコ歩きよったら、山笠はあっというまに視界から遠ざかる

汗でへばりついた袖が手の動きを邪魔する

滝汗がファインダーを曇らせる

なにより着崩れんごと締め付けた帯のせいで、暑い!苦しい!

つーか、汗でドロドロのサウナスーツみたいな浴衣着て撮影する意味があるとしたら

ダイエットくらいしか思いつかんし

 

お祭り撮影-36カメラ

 

北九州祇園写真-36カメラ

 

黒崎祇園山笠写真-36カメラ

 

たまらんやった

カメラマン+浴衣=キツい

大いに学びましたです。

 

Copyright© 出張撮影カメラマン 36カメラ All Right Reserve.