Photoshopの「被写体を選択」が神業すぎる件

フォトショップ被写体切り抜き後-36カメラ-同級生

吉松はカメラマンになると決めましたが、もともとはグラフィックデザイナーで、ポスターやチラシ・パンフレットなど印刷物の商業デザインをやっています。

 

その昔、勤めていたデザイン事務所に初めてMacintosh128Kが1台導入されました。

しかし誰も使い方がわからず、しばらくはバカ高いワープロでしかなかった(笑)、そんな時代にデザインをやっていました。

ロットリングでトンボを引くところから始める。

2種類の三角定規とカッターが必需品。

そう考えると今の時代はパソコンのモニター上で、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのソフトを使って全てデザインできますから、本当に楽になったと思います。

 

特にPhotoshop、今年のアップデートで追加された【被写体を選択】という機能は、もうこれが無かったらデザインしたくない(笑)ってくらい便利な機能です。

画像から、必要な部分を選択して切り抜くという作業は頻度も高く、かなり手間がかかります。

とくに、背景に雑多なものが写っている場合は、正確に選択するだけで結構な時間がかかるんです。

ところが、この【被写体を選択】という機能を使えば、主要な被写体をPhotoshopのAI(Adobe Sensei)が判断して自動で選択をしてくれます。

ちょっとご紹介しますね。

 

フォトショップ被写体切り抜き-36カメラ-こうちゃん

甥っこを切り抜いてみます。

 

フォトショップ被写体を切り抜き選択-36カメラ-こうちゃん

クイックまたは自動選択ツールのモードにするとツールバーに現れる【被写体を選択】ボタン。
これをクリックするだけで、甥っ子を自動で選択してくれます。

わかりやすいようにマスクした画像↓

フォトショップ被写体切り抜き後-36カメラ-こうちゃん

素晴らしい☆

で、切り抜いた甥っ子を↓

フォトショップ被写体切り抜き後合成-36カメラ-こうちゃん

別背景に載せるだけ。簡単。

人物じゃなくてケーキはどうなるか?

フォトショップ被写体切り抜き-36カメラ-ケーキ

昨日作業した車の3Dケーキ画像です。

これを【被写体を選択】すると↓

フォトショップ被写体切り抜き後-36カメラ-ケーキ

おお!楽勝!!

調子が乗ってきた♪

 

フォトショップ被写体切り抜き-36カメラ-息子

息子を選択。

 

フォトショップ被写体切り抜き後-36カメラ-息子

惜しい!!AIはミラーまで人体と認識か?

 

フォトショップ被写体切り抜き-36カメラ-同級生

これはちょっと難しいんじゃね?

 

フォトショップ被写体切り抜き後-36カメラ-同級生

おっ!この程度なら許容・許容。

 

36カメラ-アイスクリーム-フォトショップ切り抜き

アイスクリームは♡

 

36カメラ-アイスクリーム-フォトショップ切り抜き後

こ、これは、Adobe Sensei 手ー抜きすぎやろ(><)

 

スミマセン、Photoshopで遊んでないで仕事します(T^T)

 

Copyright© 出張撮影カメラマン 36カメラ All Right Reserve.